サンプル不動産

電話:019-661-3381
受付9:00〜18:00 日/祝日定休

ローコスト補聴器研究会について

補聴器購入で悩みを増やす人をこの盛岡からなくしたい。

はたして本当に補聴器は役に立たないの!?

例えば、以前行ったことがあるから・入りやすそうだから
大きな店だし 有名だしと考え行動していませんか?

その「つけ」は補聴器が手に届いてから購入したご本人に返って来ます。
1、はじめて体験する違和感・思ったような聞こえではないこと。
2、説明と違った現実。出費したお金・悔しさ。

全ての人がそのようなケースに巻き込まれる訳ではありませんが、
セカンドピニオンとして(第2の意見) その後 当店に意見を求めに来られる方が
一向に後を断たないという現状からの警告です!
その店を選んだのは「その方 当の本人の意思」であり
注文して手元に届いた「補聴器本体は」けっして悪くありません。

理由は簡単、補聴器を知らないから

消費者側(相談者)は補聴器という「製品名」は知っていても
その製品が果たす性能(出来る事・できない事)まではよく理解していないのでは?
極論ですが、皆さんそれぞれが自分の都合で都合よく考え(想像)しているからです。
ある意味、それは妄想(※)です。
※ 出来ない・叶わない要望を補聴器で叶わせようとしている考えを持っている事による。
  正しい・間違っている。大きい・小さい。損・得を判断の基準としている。

販売店側は販売店側の会社の都合で「売ることに重点」を置きます。
そうですよね、会社の経費・従業員の給与・会社の利益を賄わなければ
会社(販売店)は成り立たないのですから。あたりまえです

この両者の「認識のズレ」のしわ寄せが結局消費者側に負担として回るわけです。
(購入者全てが被害を受けている訳ではありません、ご注意下さい)

そこで立ち上げたのが

ローコスト補聴器研究会という任意の集まりです。
主な活動としては、
地域の公民館・地区活動センターさま等を利用し補聴器という製品を理解していただく活動です。
この活動は、勉強会・セミナーと称しチラシを配布。
無料・無記名で地域内の補聴器に関心を持っている方を対象に行っています。

当然掛かる経費は全額私の負担です。

どの店で購入したとしても補聴器がよい買い物となるようにとの
啓発的な位置付けでもあります。

中立的な立ち位置で資料を作成しお渡しもしています。
(売るほうには配慮が足りない点がある事。買うほうには自分で行動した結果は受け入れる事。)

これは考え方の1つの案であり
当然最終的には参加された方の自己責任で判断・行動をしていただく事は
あたりまえの・あたりまえな話です。
他店を非難し研究会が正しいというものでもありません。
この点はご理解ください。

開催のスケジュール等はこちらのHP 又はお電話
地域の皆様には新聞折込のチラシにて確認ください。



ご予約の電話番号→ 019-661-3381 メールでのご予約→ e.hochouki🔹gmail.com

運営

補聴器1番館
盛岡市緑が丘三丁目10番7号
TEL:019-661-3381
(商用施設が目印、正面真向かい)