SAMPLE COMPANY

更新情報・お知らせ

2018/05/19
松園地区活動センターにおいて補聴器についての無料セミナー開催。NEW
2018/05/07
5/26(土)は終日お休みとさせていただきます。
2018/04/28
GW期間中の営業日のお知らせ。4/28・5/1・5/2は通常通り営業。
2018/04/28
HPを新しく刷新致しました。聞こえの悩みは10人10色。
2018/05/15
盛岡市社会福祉協議会広報「福祉もりおか」5月号に広告掲載(予定)。
2018/04/28
盛岡市:黒石野、松園エリアへ岩手日報新聞広告チラシ。
2018/04/12
盛岡市:高松、箱清水、上田堤、緑が丘エリアへ岩手日報新聞広告チラシ。

» 広告の詳細

補聴器価値を上げる取り組みをしている「統合的補聴器専門店」です。

友人に補聴器を見せたくなる、難聴だったら早く補聴器を使うことを勧めたくなる。
納品時には補聴器という商品価値をその位置まで上げた状態でお渡ししたい。
そんな思いで、十人十色 お1人おひとりと向き合っています。

その思いの源は、相談者さまが仮に
自分の親族、または友人であったなら?どう接するか
この1点です。

■ 当店はメーカーをはじめ、付けようと考える左右の耳まで一切決めつけない
補聴器を活用お使いになるのは相談者さまであって、店の人間ではないこと。
けっして踏み込めない部分もあるからです。

有限な時間と大切な金額を投資しし活用いただく引き換えに
補聴器を通じた価値提供をするということはそういう覚悟が必要と考えます。
よって相談者さま本人が「判断と決断」をしていただく仕組みです。

■ 当店はメーカー各社と試せる場、現使用者の感想を提供する立ち位置
特定のメーカーに偏らない中立的な立ち位置を取っています。
□ 特定のメーカーのみを店都合で提案することはありません。
 (店側の経営都合を一旦横に置いた取り組みをしている会社は限られる)
□ 両みみへ?右みみ?左みみ? 装用するお耳を決めつけることはありません。
 (試せる環境を充分整えていますのでご自身で使ってみてご判断ください)

 ()
プロ・専門店として?と思われるかもしれません。
(プロ・専門店なら「あなたにはコレ!」とナゼ提案しないのか?)

あなたは購入が前提で、商品を決めつけられて販売されることをどう考えますか?
例えば、彼氏・彼女。
自分の好みと感覚を最優先し選へるのなら選び付き合いたいとは考えませんか?

019-661-3381 e.hochouki@gmail.com

補聴器1番館ご利用にあたってのご案内

補聴器1番館の店舗を経営している田中敦(たなかあとし)と申します。
当店補聴器1番館は店側の都合を一旦横に置いた経営方針を取る全国的にみて珍しい専門店です。
この事は、相談者さまが はじめに受け取るメリット(安心)を最優先に考えた結論からです。

例えば、
□ 納得いくまでメーカー各社を比較試聴ができた場合。
 (比べる事で各社の得意・不得意の分野が理解でき自分に合わせられる)
□ 同価格帯でなら自分の気に入ったブランド品が手に入った場合。
 (末永く愛着をもって補聴器を活用できる)
□ 試聴したからといって気に入らない場合の購入義務は一切なかった場合。
 (無駄な買い物をしないで済む。補聴器の特徴を身をもって体験知ることができた)

気に入っていただき、商品発注お手元に届いた段階において、
□ 直ぐに補聴器を使い熟せる状態にある。
 (体験の期間において理解と経験が既に手に入っている)
□ 自分で選び装用の訓練を乗り越えた努力が自信に変わっている。
 ()
□ 納品された後の再調整はあまり必要とせず店に通う必要性がない。
 (個々の進捗状況にもよるが大方の方は必要とならない状態である)

上記内容を「目的・目標」とした上で、両者・二人三脚で取り組む専門店です。
自分の為の努力、前向きに取り組める方のための補聴器専門店です。

ご相談、及びアフター・サポートは事前予約者さま最優先

補聴器という商品の購入行動の思考に対し、
一般的な家電製品購入の感覚で考えられてはいませんか?
補聴器は器械を身体に入れて活用使用するという特殊な性格をもった商品です。
よってある一定の商品知識を学んでからでなければ絶対に活かせず使い熟せません。

また補聴器の音質を相談者さまに合わせるという為の測定と、合っているかの確認が必要となり
これらの測定にも非常に時間を要してきます。
流れ作業のようにはいきませんし、私も大変 労力とエネルギーを消費します。

外出の場合もあります。よって当店補聴器1番館は既に購入されているお客様であっても
事前予約制:予約者さまを優先した対応の補聴器専門店としています。

019-661-3381 e.hochouki@gmail.com

情報と技術は有料制

当店補聴器1番館は有料制の店舗経営の形態を取っています。
無料=誰でも・人が変わっても簡単に流れ作業でできること(価値の少ない・低いこと)

当然、お金を頂戴するということは見合う商品価値を提供した
価値交換の結果です。

これらの点をご理解いただいている高い意識と満足を得られている方が継続し
当店補聴器1番館をご利用下さっています。

ご自身の機嫌はご自身にしか取れません、
お早目の行動はお勧めいたします。

本日は当店補聴器1番館に足を運んで下さり(HPへ)
本当に有難うございます。
直接お会いできる時を楽しみにお待ち申し上げます。
                            平成30年5月吉日 田中敦

019-661-3381 e.hochouki@gmail.com